北海道から大分へ 宇佐八幡宮③ 呉橋

北海道ランキング にほんブログ村 FC2 ブログランキング  

↑応援クリック🙇‍♂️します↑北海道の情報いっぱいあります。↑

Hirokiです。八幡宮最後の方に呉橋がありました。
こちらは天皇陛下の勅使の方しか通流ことができない橋のようです。

鎌倉時代より前からある「呉橋(くれはし)」は、
宇佐神宮の西を流れる寄藻川にかかる神橋。
屋根が付いた朱塗りの優美な橋で、
中国の呉の人が架けたと伝えられ、名前の由来となっている。


橋長25メートル・幅約3メートル、向唐破風造りで檜皮葺き屋根、
曲線が美しい木造橋であり、県指定有形文化財に指定されている。
現在の橋は、元和8年(1622)に細川忠利によって修築されたものだが、
その後も明治9年(1876)と昭和26年(1951)に大改修されている。
この橋が位置する西参道は、昭和初期までは表参道であり、
朝廷より派遣された勅使が通ったため勅使街道とも呼ばれていた。
現在は渡ることができず、10年に一度の勅使祭
(天皇の使者が派遣されて行われる神社の祭祀)のときにだけ扉が開かれる。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。