松前 光善寺 シリーズ最終

Hirokiです。松前シリーズ最終は光善寺です。

桜で有名な血脈桜もこちらのお寺にありましたが時期が違うので。。

こちらの龍の壁画は立体的で古いものですが迫力がありますね。

説明抜粋

光善寺は、1533年(天文二年)、初め高山寺として開山した。1621年に高徳山光善寺に改称され、その後松前藩の奥方子供の菩提寺として栄えた。3度にわたる火災により消失した部分が多いが、仁王門、山門は現存し、道内でも貴重なもの。また、本尊阿弥陀如来像は平安末期の作であり、北海道指定の有形文化財となっている。また19世紀中ごろに作られた美しい庭園があり、境内には伝説が伝わる桜の名木・血脈桜があり、樹齢は300年近くになる。桜の開花時期にこれを楽しみに来る客が多い。源義経北行伝説にまつわる義経山の碑もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。